ドメイン名の基礎知識

ドメイン名とは?

ドメイン名とは、インターネット上の「住所」のようなもの。
もともと、インターネット上の「住所」はIPアドレス(例:211.2.102.5)と呼ばれる数字を羅列したものでした。
しかし、これでは覚えにくいという事情により、IPアドレスを言葉で、つまりドメイン名にて表すようになったのです。
また、ドメイン名は「住所」ですから、重複することはなく、世界で1つしかありません。
ドメイン名は早い者勝ちなので、他の人が取得していなければ自分の好きな文字列で取得することができます。

イメージ画像

ドメイン名はどこで使われているのでしょう?

インターネットが一般に普及しつつある今、日常生活の中でも頻繁にドメイン名は登場します。
ドメイン名はWebサイトのURLや電子メールのアドレスの一部に使われています。

イメージ画像

独自ドメイン名を取得するメリット

ドメイン名は、お好きな言葉やフレーズ、または個人名や企業名を登録することができます。(独自ドメイン名)
そうすることで、より覚えやすいWebサイトのURLやメールアドレスを利用することが出来ます。

イメージ画像

このように自分らしさをアピールしたドメイン名を利用することでホームページの印象も随分と違ってきます。
独自ドメイン名のWebサイトを持つということは、より確立されたWebサイトイメージを演出し、インターネット上の存在感をより高めます。
つまり、ドメイン名は「Webサイトの顔=ブランド」となるのです。

ご質問・ご相談、お見積もり依頼

03-4233-1171 平日 10:00〜18:00