サイトで表示されるエラー『400番台・500番台』のエラー対策方法を分かりやすく解説!

サイトで表示されるエラー『400番台・500番台』のエラー対策方法を分かりやすく解説! サイトで表示されるエラー『400番台・500番台』のエラー対策方法を分かりやすく解説!

運営しているWebサイトにエラーが表示されることがあるけど、原因が分からないから放置してしまっている方も多いのではないでしょうか。

サイトで表示される400番台・500番台のエラーは、簡単な対策や設定で解決できることも少なくありません。
エラーが出たまま放置していると、せっかく訪れてくれたユーザーが離脱する要因にもなりますし、サイトの信頼性も損なってしまいます。

この記事では、サイトで表示される代表的なエラーと対策方法を解説します。

Webサイトに表示されるエラーコードとは?

Webサイトを開いた際に表示されるエラーコードは、「HTTPステータスコード」の一種です。

HTTPステータスコードは、ユーザーがブラウザからリクエストした内容に対する、サーバーからのレスポンスのことです。
HTTPステータスコードは、100番台から500番台までの3桁の数字で表示され、主に以下のように分かれます。

100番台 処理の継続
200番台 処理が成功
300番台 リダイレクト
400番台 クライアントエラー
500番台 サーバーエラー

このうち、エラーコードとして表示されるのが、400番台・500番台のHTTPステータスコードで、400番台エラー・500番台エラーと分類されます。

作成したWebサイトにエラーコードが表示されていると、ユーザーの使い勝手にも関わりますので、エラーコードの対策は確実にしておきましょう。

主要な400番台のエラーと対策方法

主要な400番台のエラーと対策方法 主要な400番台のエラーと対策方法

400番台のエラーは、主にクライアント側のリクエストに問題がある時に表示されるHTTPステータスコードです。

エラーコード エラー内容 対策方法
400 Bad Request URLのスペルミス、またはキャッシュの破損 正しいURLを入力
401 Unauthorized アクセストークンが無効、認証が取れない 正しいID、パスワードを入力
403 Forbidden リクエスト先のアクセス権がない リンク切れの確認
404 Not Found リクエスト先のページが存在しない URLのスペルミスを確認
408 Request Timeout リクエストの時間切れ 時間をおいて再度アクセス

400番台でよくあるエラーが、リクエスト先のページを発見できない404エラーです。

特に、ユーザーにとっても404エラーはサイトから離脱する要因にもなりますので、エラーを発見したら早急に対策しておきましょう。
ここからは、400番台の主なエラーの内容とその対策方法を解説します。

400 Bad Request

400エラーは、クライアントによる不正なリクエストに対するエラーコードです。

クライアントからのリクエストに対してアクセスできなかった際に、400番台のどのエラーにも当てはまらないケースで表示されます。
URLのスペルミスやキャッシュの破損などが原因の場合もありますが、400エラーは原因の特定しにくいエラーでもあります。

対策方法としては、URLのスペルを確認する、ブラウザのキャッシュ・Cookieを削除するなどがあります。

401 Unauthorized

401エラーは、クライアントにアクセス権がないか、認証に失敗した場合に表示されるエラーコードです。

会員向けのWebサイトなどで、IDやパスワードが間違っていると表示されます。
クライアント側で、正しいID・パスワードを入力することで対策できますが、サイト管理者側でID・パスワードが違った際のエラー画面を作っておくことも重要です。

403 Forbidden

403エラーは、クライアントにリクエスト先のアクセスが禁止されている場合に表示されるエラーコードです。

アクセス権限が設定されているページにアクセスしようとした時に表示されるエラーですので、クライアント側の対策としてはサイト管理者にアクセス権を付与してもらう必要があります。
ただし、サイト構築時の権限設定ミスでも発生しやすいエラーですので、サイト管理者側もパブリックなページにアクセス権限が設定されていないか注意しておきましょう。

404 Not Found

404エラーは、クライアントがリクエストしたページが存在しない場合に表示されるエラーコードです。

URLのスペルミスなどで表示されるケースが多く、Webサイトのエラーコードの中でも最も出現する率の高いエラーとなっています。
単純なスペル間違いの他に、削除したページやリンク切れでも表示されます。

サイト管理者としては、削除されたページからリダイレクションできるようにしておくことで、サイトからの離脱を防ぐことができますね。

408 Request Timeout

408エラーは、リクエストが時間内に完了しなかった場合に表示されるエラーコードです。

サーバーが混雑している場合などに表示されるケースが多いので、クライアント側で少し時間をおいてからアクセスし直すことで対策できます。
また、サイト管理者は、サイトを軽くして処理速度を早くするなど、408エラーが起きにくいサイト作りを意識しましょう。

主要な500番台のエラーと対策方法

主要な500番台のエラーと対策方法 主要な500番台のエラーと対策方法

500番台のエラーは、サーバー側に問題がある場合に表示されるHTTPステータスコードで、サイト管理者が対策しておくべきエラーです。

エラーコード エラー内容 対策方法
500 Internal Server Error サーバーに何らかの問題が発生 ホスティング会社に連絡
502 Bad Gateway ゲートウェイがリクエストを拒否 サーバーの設定を確認
503 Service Unavailable サーバーが一時的に利用できない サーバーのスペックを向上させる
504 Gateway Timeout 制限時間内にリクエストを処理できない サーバーのスペックを向上させる

500番台のエラーは、サイト管理者の設定に問題がある場合と、サーバーそのものの障害などでも発生します。

エラーの内容によっては、レンタルサーバーの契約しているプランなどを見直す必要もあります。

500 Internal Server Error

500エラーは、サーバー内で何らかのエラーが発生して、クライアントのリクエストを実行できない場合に表示されるエラーです。

サーバー上で実行されるプログラムに誤りがあった場合などが想定されますので、ホスティング会社に連絡して対応するようにしましょう。

502 Bad Gateway

502エラーは、ゲートウェイ・プロキシサーバーが不正なリクエストを受け取った際に表示されるエラーです。

サーバー側の要因で起きやすいエラーとなっており、レンタルサーバーのメンテナンス時などに502エラーが発生することもあります。

503 Service Unavailable

503エラーは、一時的にサーバーにアクセスが集中して、リクエストを処理できない場合に表示されるエラーです。

エラーコードの中では、404エラーと並んで目にする機会の多いエラーとなっています。
クライアント側で、少し時間をおいてからアクセスし直すことで解消します。

頻発する場合は、データ転送量の低いプランでレンタルサーバーを契約している可能性がありますので、プランを見直すことも検討しましょう。

504 Gateway Timeout

504エラーは、サーバー同士の通信に問題が発生し、リクエストがタイムアウトしてしまった場合に表示されるエラーです。

クライアント側の対策としては、少し時間をおいてからアクセスし直すことで解消する場合があります。
アクセス量に対してサーバーのスペックが弱い場合にも発生しますので、サイト管理者側の対策としては、サーバーのスペック向上も検討対象です。

400番台・500番台のエラーを放置してしまうと?

400番台・500番台のHTTPステータスコード、いわゆるエラーコードを放置してしまうと、サイトの機会損失につながってしまう可能性があります。

よほど重大なエラーを除き、400番台・500番台のエラーが出るWebサイトでも閲覧することに問題はありませんし、Googleの評価にも影響はありません。
ただし、ブックマークしていたページや、内部リンクで飛んだページが404エラーになったりしていると、ユーザーがサイトから離脱してしまう確率は高くなってしまいます。

また、何かのきっかけでアクセスが集まりだしたタイミングで503エラーが頻発してしまうと、新規のユーザーを逃してしまうことにもつながりかねません。

Webサイトの、ユーザビリティを向上させる意味でも、対策可能なエラーはできるだけ対策しておくようにしましょう。

対策可能なエラーは可能な限り対策しておこう

難しく感じてしまう400番台・500番台のエラーですが、代表的なエラーコードだけを見るとそれほど数は多くありません。

400番台のエラーの場合、クライアント側のリクエストが原因になっていることが多いですが、サイト管理者側の設定ミスの可能性も捨てられません。
また、500番台のエラーが頻発する場合は、契約しているレンタルサーバーのプランが適正かどうかも確認しておく必要があります。

Webサイトにエラーコードが表示されると、ユーザーが離脱してしまう確率を上げてしまいますので、可能な限り対策しておくようにしましょう。