STEP1

サーバー&ドメイン移転の事前準備

iCLUSTA+のサーバーへ移転するスケジュールを立てるため、現在、ご利用中のサーバー(移転前のサーバー)の契約内容を確認してみましょう。

  • 1. 解約方法を確認
    解約に伴う手続きやポリシーを確認しましょう。
  • 2. 契約更新日を確認
    移転前サーバーの次回契約更新日を確認しましょう。解約予定日を決めるためです。
  • 3. 移転スケジュールを立てる
    ホームページやメールに影響を出すことなく移転するには、移転前のサーバーとiCLUSTA+のサーバーを最低でも1カ月は併用されることをおすすめいたします。解約予定日の一カ月前からiCLUSTA+のサーバーを契約して、移転作業を始めるスケジュールを立てましょう。
    利用中のサーバーが5月末までの契約の場合 スケジュール
    iCLUSTA+のプランが決まったら、移転準備に取り掛かりましょう。
  • iCLUSTA+のプランを選定するため、新しいサーバーに求めるサービス要件を確認しましょう。
  • 4. サービス内容を確認
    契約プランのサービス内容を確認して、必要とするウェブ&メール機能をまとめましょう。また、移転前サーバーで利用している実際のディスク容量、メールアドレス数、プログラムの動作条件などを把握しましょう。
    プラン選定時に迷ったら、カスタマーサポートまでお気軽にご相談ください。 ご契約前のお客さま窓口
  • 5. iCLUSTA+の新プラン選定

    新サーバーに求める要件を満たすプランを選びましょう。以下の点に注目すると、プラン選びが進みます。

    ・利用したい独自ドメインの数
    ・必要なディスク容量
    ・利用したいウェブ機能の有無
    ・利用したいメール機能の有無
    ・必要なメールアドレス数
    ・商用Movable Typeライセンスの有無
    ・FTP権限を有するサイト管理者の必要数
    プラン選定時に迷ったら、カスタマーサポートまでお気軽にご相談ください。 ご契約前のお客さま窓口
  • iCLUSTA+のプランが決まったら、移転準備に取り掛かりましょう。
  • 6. ドメイン移管の準備

    ドメイン移転(移管)とは、ドメインの登録・管理を行うドメイン管理団体(レジストラ)を変更するお手続きです。レジストラトランスファーとも呼ばれます。ご契約中のレジストラから、当社の契約レジストラへ移転する手続きを行います。これにより、ドメインとレンタルサーバーを一元管理できるので、契約管理の効率化を図れます。通常、ドメイン移転には2~3週間かかります。

    お客さまのドメイン名を管理している事業者に「オースコード(AuthCode)」を発行してもらいましょう(※)。
    ※ 属性型jp、汎用jpドメインの場合、オースコードは不要です。
    オースコードとは?
  • 7. 移転前サーバーの解約手続き
    移転前サーバーの解約予定日に間に合うように、必要な解約手続きを進めます。
  • 8. 移転前サーバーのデータをバックアップ
    移転作業中のデータ破損など不意の事故に備えて、必ずデータのバックアップを行いましょう。移転前サーバーにFTPで接続して、ファイルをすべてダウンロードします。ダウンロードしたデータは、社内サーバーのHDD/SDDやクラウド上の有料ストレージサービスなど安全な環境で保管することをおすすめします。
  • 9. 利用中のメールアカウントを確認
    利用中のメールアカウントを確認して、メールアドレス、ユーザー名、利用者の名前をリストにしましょう。iCLUSTA+のサーバーで、メールアドレスを作成する上で役立ちます。
    taro_yamada@example.comの場合
    アカウントリストのサンプルデータ(.xlsx)をご用意しました。よろしければご利用ください。 サンプルをダウンロード

ご質問・ご相談、お見積もり依頼

03-4233-1171 平日 10:00〜18:00